餃子の上手な焼き方

美味しい浜松餃子、上手に焼けばさらに美味しくなります。


フライパン温め

空の状態でフライパンを十分に温めます。


油を注ぐ

フライパンが温まったら油を注ぎ十分に馴染ませます。


餃子を並べる

脂が馴染んだら餃子を並べていきます。


水を注ぐ

餃子を並べ終わったら直ぐに水を入れていきます。
目安はぎょうざの1/3が隠れる程度


蓋をして蒸らす

水を入れたら直ぐに蓋をして蒸らしていきます。
この時に上部が透明な蓋なら中の様子がうかがえて便利です。


水分の確認

残った水分を確認し不十分ならフライパンを回しながら完全に飛ばす。


お皿を準備

美味しい料理は盛り付けも重要です。
用意しておいたお皿を焼いた餃子の上から被せます。


仕上げ

お皿を被せたら火傷などに注意しながらお皿を押さえてフライパンごと返します。
フライパンを退けたら完成です。


完成

調理一口メモ

油種類仕上がり
サラダ油ごく普通びご家庭にある油です。あっさりとした食感
ごま油香りが良く食欲をそそります。
こめ油焼き目がカリッと仕上がります、入手しづらいですがラードでもカリッとします。

使用する油で餃子焼き面の仕上がりが変わります
お好みで調理すると触感や香りが変わって更に美味しくなります。

是非、お試しください。

PAGE TOP