静岡県のB級グルメで富士宮焼きそばと浜松餃子が有名ですが、実際浜松餃子とはどんな餃子なのでしょうか?

浜松餃子の定義としては、まずは浜松で作られた餃子であること、製造者が3年以上在住している事が条件とされています。

基本的にはキャベツ、ニラ、玉ねぎ、豚肉でつくられたタネを皮で包んだもので、野菜が多めであっさりとした味わいであり、豚肉を加えたヘルシー且つコクがある餃子です。

これらの具材は元々浜松で盛んに栽培飼育されていたことが大きな消費に繋がっているのだと思われており、お店ごとに具材や配合が違いますし、店主の拘りもあり其々特長も違います。
浜松餃子って付合せに茹でたもやしが乗っているイメージを持たれる方もいらっしゃいますが、あるお店が店内で提供するさいに、フライパンに円形状に並べて調理しそのまま器へ移した後、真ん中に空いたスペースを埋めるために始めた事がきっかけで、多くの店がそのアイデアを取り入れた結果イメージが定着したものになります。

当店の餃子は豊富な野菜と多めのニンニク、味わい豊かな風味の良い浜松餃子です。

ひとくちで浜松餃子と言ってもお店ごとに特徴があります、是非「餃子の店かめ」の餃子もお試しください。

PAGE TOP